大人ニキビの特徴とターンオーバー

大人ニキビの特徴とは

思春期ニキビの場合は皮脂の過剰分泌からニキビ発生しているという例が多く、原因さえ解れば対策を行いやすいですし、適切なケアを行えば比較的治しやすい傾向にあります。

 

大人ニキビになれば原因が複雑であり、ニキビも長期化したりいつまでも治らずに悪化するリスクも高い特徴があり、ニキビの種類に応じて適切な対応を行う事が必要です。

 

原因としては皮脂の過剰分泌だけではなく、ストレスや腸内環境、食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足等と様々なものが複合して出来ている可能性がありますから、一つだけ改善したからと治っていかない可能性が高い厄介なものです。

 

特に女性の場合は毎日の化粧もニキビ原因になる可能性も高く、さらに女性の社会進出からストレスを感じる事も多いですし、生理のリズム等もニキビ発生の要因になってしまい、ニキビが出来る事によるストレスがさらにニキビを発生させる悪循環になる事も多いです。

 

ですから一つの原因だけを正すというのではなく、体の内側と外側からのスキンケアを行いつつ、生活習慣全般を正していく必要があり、ニキビの段階に応じたケアを行う事が望ましいです。

 

大人ニキビは長期化して悪化するリスクも高いですから、初期段階のニキビの白ニキビや黒ニキビ段階で治療してしまう事が望ましく、これ以上悪化すると赤ニキビとして炎症を伴ったり、黄ニキビのように膿を抱えてしまって跡残りになる可能性があります。

 

初期段階のニキビは洗顔等の汚れ落としを徹底させて保湿ケアを行うだけでも治る可能性が高いものですが、赤ニキビにまで発展すれば自己診断ではなく医師の元で治療を行った方が安全です。

 

赤ニキビや黄ニキビは肌の奥の真皮層にまで影響が出ますから、素人判断で潰したりすると真皮に傷が付いてしまい、肌の生まれ変わりでは回復せずに跡残りが長く残る事になります。

 

基礎スキンケアとしてはクレンジングを使って毎日の化粧落としを徹底する事と、保湿ケアで肌の潤いを取り戻して外部からの刺激に抵抗力を持つ必要があり、乾燥した肌になると細菌増殖したり外部からの刺激に弱くて肌を保護するバリアが無い状態と言えますから注意が必要です。

 

バリア機能が働かない肌ではニキビが出来やすくて悪化もしますから、汚れ落としと保湿は外部からの基礎スキンケアと言えます。

 

さらに腸内環境を整える事もニキビケアで有効であり、大人ニキビの場合は顔だけではなく背中やお尻等にも出来る種類のものもあり、こうした部分は体の内側からケアしないと治す事が難しく、食事では油モノを減らして食物繊維や乳酸菌摂取を行い、腸内を掃除する事が有効です。

 

運動や睡眠の充実も皮脂分泌を減らしたりホルモンバランスを調整して、体の内側から綺麗になりますし、代謝や免疫力を上げてくれますから、ニキビが出来にくく悪化しないようになります。